loop

この静寂(しじま)のなかで 僕と一緒に 生きていこう

早起き早寝が苦手。 眠れば夢ばかり見て目が覚めれば働いてばかり。 真面目といい加減の加減が微妙。 前向きと後ろ向きの綱引きが絶妙。
数々の困難と幾度の奇跡に会い、色んな人と別れて沢山の人が側に居ます。 たぶん幸せという言葉の近くで生きてます。
ひとりで居るのが好きです。 ただ、ひとりぼっちは嫌いです。
そんな平凡な私です。

※右上のメニューバーから各メニューを開くことが出来ます。

わたしを必要とする誰かにこの言葉たちが届きますように・・・。

★☆★ブログランキング参加中★☆★
クリックしていただくとポイントが加算され、たくさんの方に読んでいただける仕組みになっています。 
1日1回づつ押すことが出来ます。 どちらも押していただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ banner
どうぞ応援よろしくお願いいたします。 

先週の日曜、個人レッスン無事終了いたしました。今回のレッスン体験者は、昨年秋から毎月受講している79歳男性。脊柱管狭窄症と腰部ヘルニアで歩行困難な状態です。プラクティショナーが直接手で触れて、痛む動き・痛くない動きをさまざまに試しながら、体の可能性を探って…
>>続きを読む

風薫る五月、大阪府茨木市をふたりで歩きました。わたしの住む千里中央からは、バスやモノレール1本で里山に行くことが出来ます。気持ちと体力に余裕のあるときは奈良や滋賀あたりまで出掛けますが(それでも片道2時間くらい)、半日歩く程度なら大阪北摂はもってこいの場
>>続きを読む

高校時代の恩師がくださった一輪挿しに、お気に入りの花屋で買ったピンクのダイアンサス(ナデシコ)とブルーのアスチルベを飾った。暮らしを豊かに、と願ってくれる恩師の気持ちが、私の生活を支えてくれる。けれど相方は、花には全く関心がない。正確には、花を飾ることに
>>続きを読む

手を繋いで。 仲良しだった彼女たちは、手を繋いで、電車に飛び込んだ。 中学2年の女の子がふたりで自ら命を絶った。 悲しみが深く心にのしかかる。 私は、小学3年の時、 死ぬことばかりを考えていた。 クラスメイトに「死ね」と面向かって言われ、黒板にもノートに
>>続きを読む

先日のフェルデンクライス個人レッスンは、2名の方がご参加くださいました。毎月受けている78歳男性は、体の微妙な重心を感じるレッスン。ほんの些細なバランスの違いで、楽に動ける可能性があることを感じてもらえたようです。半年前には杖をつかないと歩けない状態でした
>>続きを読む

2月2日に胆嚢摘出手術を無事に終え、2月5日に退院し、いまは痛みもすっかりなくなり忙しい毎日を元気に送っています。 正直、手術直後の痛みは壮絶でした。ネットで得た情報では「腹腔鏡手術は痛くない」だったので、たかをくくっていたのが大きな間違い。内臓をひとつ取っ
>>続きを読む

明日手術をするために本日入院しました。胆嚢に胆石がみっちり詰まってしまい摘出することに。2年前の秋、乳がんの手術をした時は、両親や妹の絶大なるサポートを受けての治療でした。今回は、大阪でひとり、通院も入院準備もすべて自分で行いました。最初は実家に戻って手
>>続きを読む

昨年夏から定期開催しているフェルデンクライス名古屋教室、今年の夏も無事終了いたしました。初参加14名、リピーター9名、ご年配の方から中学生まで年齢層幅広く、今回も大勢にお集まり頂きました。ご参加、応援くださった皆さまに深く御礼申し上げます。 レッスンの様子を
>>続きを読む

久しぶりに映画を観た。時間が合ったから選んだだけの作品。けれど確かに今の私に必要な映画だった。女からの離縁が許されなかった江戸時代。男に、社会に、虐げられた女たちが駆け込む尼寺があった。彼女たちの抱える事情はさまざま。けれど誰もが命がけで次の人生を望み、
>>続きを読む

【まーちゃんバンド&風人ブドゥリ太鼓】大阪市・琉球ばぁー南ぬ風(パイヌカジ)にて。 先日7泊8日で旅した沖縄西表島と竹富島。 そのうち3泊した西表の宿「南ぬ風(パイヌカジ)」は、まーちゃんうーぽーの生まれ育った実家。 空も海も風も緑も何もかもが素晴らしか
>>続きを読む

沖縄竹富島で安藤昌博さんが行ったレッスン風景。偶然居合わせた旅人たちとフェルデンクライスを楽しみました。~フェルデンクライス体験レポート~名古屋教室プラクティショナー(指導者)安藤昌博さんの後輩である奥史子さんとお仲間のフェルデンクライス集団レッスンを受
>>続きを読む